GOING HOME

アクセスカウンタ

zoom RSS 「傷」「消」「呪2」3本映画鑑賞

<<   作成日時 : 2007/08/22 02:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

ネタバレです〜
画像

香港でのタイトル『傷城』
「傷だらけの街」とか「傷ついた街」といった解釈らしいのです。
確かに男たちは色んな物を失って傷ついてはいるのですが、邦題よりもさすがにオリジナルの方がより大局的でしっくり来る気がします。

劉偉強(アンドリュー・ラウ)/麥兆輝(アラン・マック)/莊文強(フェリックス・チョン)
のコンビ作品です。

香港映画とは思えないまとまりの良さは『無間道』以上だと思うのですが、あまりにもすっきりまとめすぎて、やや引っかかりに欠ける気も・・・(苦笑)
でも香港映画に免疫の無い友人に香港映画を見せたい時には最高の作品ではないかと思います。

内容は、自分の大事なものを失ってしまった二人の男の物語。
阿邦(金城)は酒におぼれ、死んだ恋人の死の直前の行動を追う事を生きていく感覚にしている。
画像

劉正熙(梁朝偉)は幼い時に自分自身の何もかもすべてを奪った者への復讐の為に生きている。
画像

どれだけ苦しくても、堕落して危険で死んでしまいそうな事ばかりしてしまっても、人はなかなか自分では死ねないものだと思う。
そうして苦しみながら、それでも生きてしまった男達の話。

だけど阿邦(ポン。ア●ウと読まないように)は最後にはフォン(舒淇)に救われるが、劉正熙(ラウ・チンヘイ)は唯一愛した女性を自らのせいで失い、失意のまま自らの命を絶ってしまう。

この違いは「許せる」かどうかだと思う。

阿邦は自分を裏切って他の男の子供を身ごもって、尚且つ自分の部屋で自殺した恋人(かなり迷惑な女性だが・・・)が愛した男性の介護をする事を選び、彼女を許し、自分を見つめ直してゆく。
でも劉正熙は最後まで自分の気持ちに蓋をして復讐を貫き通し、妻の死で、気が付けば何もかも無くなってしまった、元の自分に戻った事を知る。
大事なものが有った事を知ってしまった彼は、もう復讐すらなくなり、存在する意義を無くしてしまったのだと思う。
画像


どん底にあっても人は立ち直る事が出来るというのを、香港を通して表したという事なのだと思う。

作中のフォン(舒淇)は、けっしてただ能天気な生活を送っている女の子じゃない。
画像

仕事柄危険な地域にも行かなければならない、そうでなくても酒に酔った客に絡まれうまく逃げなければならない。それでも悲観的にならず力強く可愛く生きている。
ラストはとっても癒しでした〜♪

それと劉正熙の本名が陳偉強なんですよね。ワイキョンって言うんです。
字が判らないんですが、インファのチャップマンも「キョン」ですよね。
もしかして偉強?監督、自分の名前を取り入れるの好き?とか勘ぐってみたり。
どなたかその辺、ご存知ですか?
画像





さて「傷だらけ・・・」はもう終ってしまいましたが、同じ劉偉強監督のハリウッドデビュー映画
「消えた天使」は上映中。

これ、私は面白かったです。
残酷な現実だけど、ただ残酷なだけじゃないのが好きです。
鬼気迫るリチャード・ギアも良いです。

アン・リー作品等は見ていませんが、同じサイコサスペンスでもカイコー監督のものと違いとっても奇をてらう感じじゃなくて、クールで社会的。
暴力もありつつ、それでもどこか優しい雰囲気を持つのがアンドリュー・ラウ作品の好きなところです。
砂に煙ったような画面や、撮り方など映像もクール。

でも、そういう意味では「情義我心知」の方が残酷だなぁ・・・救われない(泣)
「無間道」に関してはみんなある意味自業自得だと思うし(ヲィ)


機会があれば是非見て欲しいです。




もうひとつ「呪怨2-パンデミック」
陳冠希が出演しています。
画像

思ったより出ていました。
それもメインの女の子と絡むので、よく映ります。
何よりも予告にはエヂがいっぱい出ています♪

エヂが取り殺される時がちっとも怖くないのも、彼の顔が恐怖で歪まないのでなかなか良いです(笑)

でも全体的にはとってもベタなホラーです。
新鮮味は無いです。
何よりも、あまり怖くないです。
でもホラーをひとりで見に行くのは嫌ですよね〜(笑)

これのカヤコよりも「ドッグ・バイト・ドッグ」の李燦森の方がよっぽど怖いです(真剣)
あ、でもカヤコの幼少時代は白目剥いちゃって、結構怖いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
泣けました!「傷だらけの男たち」
恋人を自殺させてしまった元刑事と 心に癒すとのできない傷を持った刑事。 トニー・レオンと金城武。「恋する惑星」以来 この二人が共演していなかったことに驚きましたが、 それよりなにより トニーが今回が初めの悪人役だということにびっくり。 あれだけ、映画に出ていて、悪人はない。 さすが香港。。と、無意味に納得したり。。。 ...続きを見る
茅kaya日記
2007/08/26 17:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
傷城はほんとうによかった!!
そうですか・・・ギアさんもいけましたか??もう、近くでは上映されてないんで、DVDになったら、絶対観ます。
呪恩2は、1で裏切られたのでパスっています(苦笑)
mariyon
URL
2007/08/26 17:37
mariyonさん、いらっしゃいませ〜♪
ギアさん、熱演でした。
相手役の女性がちょっと物足りない感じもしますが、でも新人の初々しさと思えばいいのかもしれません。
是非見てくださ〜い(^^)
呪怨、私は陳冠希を見るためだけに行ったので、1は知らないのですが一応続いています。
でも、とにかく怖くないです(爆)
JIMA
2007/08/27 20:56
エディソンの役は、カヤ子にやっぱり殺されちゃうの??
呪恩1は、一重に3番目に好きなビル・プルマンが出るので観ました。その情報が入って、日本のドラマ、映画の呪怨もすべて観て、用意万端で。。。
で、映画始まって、ビルは2分で飛び降り自殺。そのあと、1時間も出てこない。監督呪い殺してやろうかと思いましたよ。
mariyon
URL
2007/08/27 21:45
ビル・プルマン>
インディペンデンス・ディの大統領なんですね!←他を知らなくてスミマセン(汗)
2分で死んじゃうのはひどい!そりゃ祟ってしまいましょうよ!(ヲィ)
でも「1時間も」という事は、後半にまた出るんですか?

エヂはカヤコに殺されちゃいます。
エヂ目当てという意味では、端っから少ないと思っていたので、意外と報われかも?(苦笑)
しかしカヤコって、生きていても死んでからもはた迷惑なしと・・・(爆)
JIMA
2007/08/28 00:29
香港での上映はどうなんでしょうか?
「1」はアメリカでも大ヒットだったけど、「2」の評判はいまひとつ・・・。DVDになったら、見てみますます。
ビル・プルマンはID4の大統領くらいしかインパクトないです。この呪恩以来、日本ではスクリーンで観ていません。。まあ、りよんさんも観てないですよね、スクリーン。。。
mariyon
2007/08/28 21:29
香港での評判はチェックしていないです〜。
でも日本では評価下がってますよね。
顔出してなんぼのカヤコの露出の少ないのが原因だとか、どこかで見ました(笑)
りよんさん・・・来年こそは「梅蘭芳」で日本で拝見できますよ!はい!
JIMA
2007/08/29 23:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「傷」「消」「呪2」3本映画鑑賞 GOING HOME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる